三牧 歩生 | 旭工務店-採用情報

 
企業説明会情報

HOME>先輩社員インタビュー>三牧 歩生

先輩社員インタビュー

旭工務店が職人さんに信頼されているからこそ、
“現場主義”による成長が実現できるんだと思います。
部署
工事部
入社年
2017年(新卒入社)
卒業校
4年制大学建築デザイン科卒業
年齢
25歳
現在の仕事内容を教えてください。
現在は、13階建て鉄筋コンクリート構造の賃貸マンション建設現場で所長の下につき、安全に作業ができているかどうかの労務管理や、図面通り工事ができているかどうか自分でチェックするとともに、新人なので現場の写真を撮り、所長に報告するのが主な仕事です。
職人さんにはうちの会社をとても信頼してもらっているので、わからないことがあると丁寧に教えてくれますが、何でも聞いてしまうと自分で考えてとも言われますので、毎日が勉強になっています。
旭工務店を就職先として選んだ理由はなんですか?
就職活動では大手建設会社を含めて数社を受け、3次選考まで進んだ会社もありました。
ただ、できれば風通しのいい会社に行きたいと思っていまして、旭工務店は社員の方同士が話されている雰囲気が印象的で、そこへ最初に内定をもらったので入社を決めました。
わたしは下関出身なので、地理的に近い福岡を地盤とする優良な会社であるということも決め手になりましたね。
仕事で一番やりがいを感じるのはどういう時ですか?
新人研修はありますが、何より現場で経験を積み、「現場で学び、現場で仕事を覚えろ」という現場主義がうちの会社です。
おかげで入社当初、職人さんから聞かれてもわからなかった工程や作業内容が今ではきちんと理解できて返答できるようになったし、職人さんが何をどう考えているかもわかるようになり、我ながら成長を実感しています。
そこがやりがいになっているのと、この仕事はゼロからどんどん形になっていくのがおもしろいですね。特に自分が指示した箇所が形になるとすごくうれしいです。
休日はどう過ごしていますか?
社会人サッカーをやっているので土曜日などは練習したり、あとは友人と出かけたりしています。
時々休日出勤になってもきちんと代休を取れるのがいいですよ。
最近、ボルダリングを始めたのですが、体力がついてきましたし、十分リフレッシュできています。
入社したての頃は、仕事上わからないことが多くて落ち込むこともありましたが、体を鍛えていると気分も楽になりましたね。
将来の目標や夢などを教えてください。
今の現場所長を見ていると、基礎工事はもちろん、大工工事や電気工事などすべてに精通していて、職人さんに的確な指示を与えています。
この仕事は職人さんからも施主さんからも信頼してもらっていないとできないので、そういう所長の姿に憧れを感じています。
ですから、もっともっと勉強して、早く現場を任せてもらえる立場になりたいですね。
社員からのメッセージ
うちは腕のいい職人さんをはじめ、優良な協力会社から信頼をいただいている会社。専門部署がたくさんある大手と違って、建設の仕事を一通りこなさなくてはならず大変さはありますが、その分早く成長できます。
ですから、建設マンとして成長したいという方にとって、うちはふさわしい職場ではないでしょうか。