小津和 大 | 旭工務店-採用情報

 
企業説明会情報

HOME>先輩社員インタビュー>小津和 大

先輩社員インタビュー

旭工務店は元気にのびのび仕事ができ、力を伸ばせる環境だと思います。
保有資格
一級建築施工管理技士
部署
工事部
入社年
1994年(新卒入社)
卒業校
工業高校建築科卒業
年齢
43歳
現在の仕事内容を教えてください。
建築現場で所長を務めています。
社員や関係業者、職人さんなど、工事に関わる人すべてに協力を求め、工事が計画通り進むように管理しています。
全工程を把握し、大勢の人を束ねていくのは大変で、若い時は職人さんが思うように動いてくれずに悩むこともありましたが、経験を積むうちにコミュニケーション力がつき、信頼関係が築けるようになりました。
旭工務店を就職先として選んだ理由はなんですか?
将来、家を建てる仕事をしたいと思って工業高校の建築科に進み、学校から紹介されたのが旭工務店でした。
当時は建築業界のことを詳しく知りませんでしたが、高校の先生から地元で成長を続けている良い会社だとすすめられ、学校の先輩も多く入社していることが決め手になりました。
入社してみると社内の雰囲気がよく、元気にのびのび仕事ができ、力を伸ばせる環境だと感じましたね。
仕事で一番やりがいを感じるのはどういう時ですか?
これまでマンションや個人病院、冷凍倉庫など20以上の建物に携わってきていろいろ苦労もありましたが、それ以上に作る楽しさやおもしろさを感じてきました。
自己満足かもしれませんが、物件の規模や内容に関わらず自分が手がける仕事はすべて一生懸命に取り組んでおり、それをモチベーションにしています。
休日はどう過ごしていますか?
車で出かけることが好きで、家族でよく遠出をします。
九州内はもちろん、時には大阪まで泊まりがけで出かけることもありますよ。
わたしが休むことで部下も休みを取りやすくなるし、常に緊張感のなかで仕事をしているので、オフの日は休みをしっかり取って気持ちを切り替えています。
休みを取ることは仕事のクオリティを上げるためにも必要だと思っています。
将来の目標や夢などを教えてください。
一級建築士の資格取得を目指しています。
勉強時間の確保が大変ですが、少しずつ時間を作って、1年以上かけてやり遂げる覚悟で取り組んでいます。
あとは、与えられた仕事をきちんとやり抜くことでしょうか。
勤続23年目になりますが、現場のチームみんなで間違いがないものをこれからも作り続けていきたいですね。
社員からのメッセージ
うちは現場で仕事を覚えることがほとんどで、わたしの場合、学校で学んだ専門知識以上に現場から学んだ事の方が大きかったです。
たとえ専門学科を出ていなくても現場で仕事を覚えてやっていくことが可能なので、建設の仕事に興味がある人は、ぜひチャレンジしてほしいと思います。
旭工務店は社内の雰囲気もよく、自由にものが言える環境なので、元気にのびのび仕事ができると思います。